『令和』超おすすめの軽キャンを広くする方法

キャンプ 車アウトドア

 

いやー軽キャンいいですよね👍もう小回りと維持費高でも魅力です。しかし狭いですよ。広くしましょう。もう購入するけどいいメーカー教えろって方は目次から飛んでみてください。

 

メリットとデメリットのどちらをとりますか?

今回は一番スマートなカスタマイズです。

軽キャンのメリット
  1. 維持費が安い(故障しても痛くない)
  2. コンパクトなのに大容量
  3. 小回りが効き、日常使いが楽
  4. キャンプ用カスタマイズ部品が安い
  5. 車内が広くない為冷暖房がすぐ効く
デメリット
  1. 大人数は論外
  2. 走行性能の低さ
  3. 荷物を積めば居住性が低い
  4. まだまだキャンプ用車両の販売台数が少ない
  5. リセールの悪さ
この中で私が感じたのはやはり、デメリットの3の居住性の低さです。走行時には感じないですが、いざ荷物をセッティングしてみると車内では閉塞感が襲ってきます。車外に出ればすみますが、急な悪天候や就寝時は車内にいるでしょう。これらは多くの軽キャンパーの方が感じています。
もしもです。ソロキャンプをするとしましょう。しかし、1人だから充分とは言っても、広いに越した事はありません。複数人なら問題外です。
ですので、私が購入したのは
サイドテントとサイドオーニングです。
カーサイドテント、カーサイドタープ等呼び方はたくさんあります。細かい定義は置いておいて知識として知っておいてください。以前の記事でも少し紹介しました。
狭いなら広くすればいいだけです。どちらかを購入する方がほとんどですが、私の場合、2つとも購入しました。結果は最高です。
ピンキリからチープな物まで様々ですが、それぞれ大きいに越したことはないです。予算で決めましょう。
サイドタープや、サイドテントという名前でもトランク部に取り付けるタイプもあります。
購入時は車高に気をつけて下さい。対応国産の車両が記載してあるものがあります。

使い方を細かくメモ

サイドテントは、車中との行き来ができるタイプでサイドオーニングは、とても安価な物にしましたが、炎天下でも快適に過ごせました。私の車両はスズキエブリィで、両サイドで展開し、車の右左後ろを『コの字』を描くように動線を確保しました。
ソロと、3人での経験談として
  1. 広い。充分寝れる。
  2. 車との行き来ができるテントとサイドオーニングでアクセスが楽
  3. テントとタープを積まなくてもいいので積載容量の節約
  4. 節約することによってキャンプ用の大きいテーブルと、大型のクーラーボックスを積めた
  5. 雨天時でもテント⇔車内⇔オーニングと、移動できるのでなんでもできる
軽キャンと言ってもバンコンタイプでも狭いんです。寝る時もポップアップとベッドを展開しても、やはり元の広さが変わらないので狭いです。〇人寝れます!と宣伝されても寝返りはほぼ無理だし、肩幅は広い人は迷惑をかけます笑笑
しかし、車内とテントと別れて寝れば、3人でも充分です。各自、寝返りまくってました。
また、走行時にかさばっていた荷物が展開することによって問題なく設置できます。
3人で山へ行った時の手順
  1. サイドテントとオーニングを展開
  2. 車内はベッド化し、運転席と助手席に寝具を移動。調理器具は、車内とオーニングへ
  3. 2人が昼ご飯の支度、私はトランクの位置にテーブルを展開し、食事の支度と野外DJの準備笑笑
  4. 晩酌後、就寝。私は車内で2人はテントへ。下ネタで夜更かし
  5. 翌日も同じルーティン
  6. 最終日、テントだけを撤収、雨が降ってきたのでトランクを開けて、車内とオーニング部で雑談しながら撤収準備。
  7. 私はベッドをシートモードへ。2人はオーニングを撤収

っと、まぁ通常のキャンプと変わらない手順でしょう。しかし、これが軽キャンで3人でも行えるんです。しかもめちゃくちゃ快適に。

夏場の酷暑でも、風通しがとてもよいので心配ありません。両サイドにこれらを設置し、リアタープかリアテントなんてあったらもう軽バンの時代は終わりです。冬は寒いですが。

オススメのテントとオーニング(タープ)のメーカー

  • LOGOS
  • Right line Gear
  • OGAWA
LOGOSは展開の楽さがダントツです。どのメーカーも単純化されていて、楽なんですが、LOGOSは丈夫さとデザインがいいです。遠くからでもキャンプ好きとわかるでしょう。
Rightlineは高級ですが、テントならこのメーカーです。居住性がいちばん高いです。私の所有していたのはこれでした。ソロキャンプの際はこちらで寝ましたが夏でも快適です。
OGAWASUVとミニバンの車高の高いタイプですが、とても丈夫です。オーニングの足の部分や、不安箇所が全て堅牢な作りです。

 

ぜひ、ご自分の気になったタイプを購入して、快適な軽キャンにしましょう。

 

狭いなんて時代遅れです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました