キャンプや災害に使えるポータブル電源【大容量編】

アウトドア

 

もしキャンプで電気が使えたら?

キャンピングカーに搭載されてるバッテリーでも構いませんが、すぐ無くなるのがオチ

そもそもバッテリーがない車だったら話にもなりません。

ポータブル電源(ポータブルバッテリーともいいます)の導入を超絶オススメします。

 

 

災害で避難を余儀なくされる時にも使えるので、かなり注目されています。
 

ポータブル電源の可能性

ドライヤーや、電気毛布まで使えたら、キャンプの幅が広がります。

さて、そんなポータブル電源ですが、どんなタイプがあるのか。

それは下記の記事から、事前に知識をつけておくことをオススメします😊

この記事を読めば、ポータブル電源をより深く知っておくことができます。

キャンプで電気を使う?ポータブルバッテリー

ポータブルバッテリーとソーラーパネルと保管はこれで解決

 

さて、上記の記事から戻ってきたら、次は自分にあう商品を選んでみましょう。

これから紹介するのは、容量値段人気商品から、独断と偏見で選抜しました。

では、オススメのポータブル電源を紹介します。

 

短期のキャンプをお考えの方はこちらの記事が最適かもしれません。

キャンプや災害に使えるポータブル電源【一般的な容量編】

オススメのポータブル電源

今回は大容量のポータブル電源でネットで人気の商品でまとめました。

大容量は値段が高く多機能

通常容量は安くて、最低限の機能(スマホの充電がメイン)がついているイメージを持っていればOK!

まずは、大容量のポータブル電源から紹介します。

 

大容量のポータブル電源

 

SUAOKI

 

 

ポータブル電源界で一番有名?だと思われます。

SUAOKI公式ホームページはこちら

中国の会社ですが、消費者対応がえげつなくいい。故障も少ない。何より、値段も安いことで、ファンを獲得してきました。

また、商品のラインナップもすごい。

2020年、10以上の商品が販売されており、日本国内に限らず、全世界での商品シェアがあります。

 

さて、この商品ですが、いつ使うかわからないほどの大容量です👌

もはや、ポータブル電源ではない😂

値段も高めですが、長期的に使えるものなので災害時の保険として考えてみましょう👍

 

USBポートはAタイプが4つ、Cタイプが1つ

AC電源(コンセント)が、2つ

シガーソケットが1つ

っとまぁ、ACが2つある時点で、完璧を超えてます。

 

 

オーバースペックすぎて、キャンプを長引かせてしまいます。

いい意味で変態

なので、こちらはキャンプで使うよりは、災害対策としての側面が強いです。

ですが、購入者のほとんどが、車中泊や、長期(5日以上)キャンプをされる方です。

容量の問題で、使える時間は限られますが、一般的なポータブル電源では使えないような家電が使えます。

小型の冷蔵庫や、電子レンジなど

 

細かい利用可能時間は、上記の商品ページから分かりますが、スマホの充電だけならもったいないくらいの容量です。

時と場合によりますが、家族4人のキャンプで使うとして、スマホなどの充電と、夜間の照明くらいなら10日近く持つでしょう。

家電の仕様のみという場合でも5日は持つでしょう。

 

ちなみにこれがあれば自宅のオーディオセットを鳴らせます。

AC電源は正弦波なので、事実上は音を鳴らせる環境です。

下記のリンクから、面白い使い方を紹介してます☺️

キャンプや屋外(海、山)でDJする方法 カラオケも可

 

ただ、デメリットが22キロあるので、かなり重たいです。

頻繁な持ち運びはできません。

でも屋外で使うことを想定されてるでしょうし、そもそも動かす必要がない場所に設置すると思いますので、心配なし。

 

また、ほんの少し容量が減りますが、ACが4つついてるモデルもあります😂

本当に変態メーカーです😂

本気でキャンパーを虜にしてきます。

 

そしてSUAOKIの大容量の中で、一番リーズナブルなのがこれ

 

 

かなり長期で使う方は、同メーカーのソーラーパネルが必須です。

このソーラーパネルの性能もばかにできません。

曇りでもそれなりに蓄電してくれるので、他メーカーでポータブル電源を持ってる方も買うくらいです😂

あ、私もその1人でした。。。

 

 

 

こんなに容量は必要ないという方は次の商品がオススメ

私が長年愛用している、最も使い勝手がいいポータブル電源です。

 

Jackery

 

 

Jackeryの公式ホームページはこちら

こちらもとっても有名なJackeryというアメリカの会社のポータブル電源。

上記のSUAOKIJackeryを買っておけば間違いなしです。

アフターフォローや消費者対応もしっかりしてますし、値段も安い。

人気すぎるのか、Jackeryのパクリ商品がかなり多く販売されています。購入時は注意してください。
 
Jackeryは、全商品にオレンジを使っていて、明るい印象です。
 
 
質素な作りが多いですが、Jackeryは違うんですよ。
 
外見にもこだわっています。
 
本体上面の取手を倒せば、ちゃんと平面になってくれるので、積載時も取手の故障の心配もないです。
 
いや、今となってはどのメーカーもそうですが、ひと昔はそうでもなかったんです。
 
ちゃんとメインの電源性能以外もいち早く改善したこのメーカーが好きなんです。
 
読者の皆さにもわかっていただきたい。
 
 
では、気になるこいつの性能ですが、、、
 
マジでいいです。
 
USBポートはAタイプとCタイプが2つずつ

シガーソケットが1つ

ACが3つ

同時に消費電力の高い家電の使用は、出力不足で使用できませんが、これがかなり便利。

 

一例として、私の経験談を1つ紹介

地元、北海道の夜空の下でプロジェクター映画鑑賞をしつつ、使っているPCを充電しつつ、急速充電器で複数のスマホを充電

これで何度も仕事に行きたくなくなり、仕事の休みを延長したか。😅😅😅

 

重さは10キロほどなので、このクラスのポータブル電源なら軽い方です。

積み下ろしするのにも、そこまで負担を感じることはないでしょう👍

 

また、このモデルより1サイズ小さいモデルも人気です。

 

 

このように、幅広い使い方をできるのがこいつの魅力です。

また、バッテリーの残量が業界1見やすかったです。

簡易的ですが、変な装飾もしていないので、%方式で一眼で残量確認できます。

 

容量は、上記のSUAOKIより少し少ないんですが、充電だけなら、5日は余裕です。

家電の使用は少し足りないかな?と感じました。

下記の同メーカーのソーラーパネルの購入も検討してみましょう。

こいつの蓄電性能もいですが、調べてみるとSUAOKI製の方がちょっと早いかもです。

 

 

ポータブル電源は正規品を

Jackeryの欄にも書きましたが、人気な上記2メーカーの類似品が数多くあります。

安いのは確かに魅力ですが、メーカーの対応に不安しかありません。

また、電気は発火の恐れが少なからずあるものです。

粗悪品を購入して、火事になったら笑えません。

私は上記2メーカーか、ちゃんとトラブル対応をしてくれる会社の製品の購入を勧めます。

また、キャンプ等をするなら、熊対策も忘れずに。

楽しい想像ばかりでなく、危険なこともあるのがキャンプです。

登山やキャンプで熊対策グッズを用意しよう

また、夏のキャンプならこちらもオススメ

猛暑でも快適に!熱中症対策に最適な空調服はこれ

猛暑でも快適に!熱中症対策に最適な空調服はこれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました