CBD好きに人気【Airis】エアリスの魅力

CBD

CBDと検索すると、絶対出てくるのが

【Airis】

今回は【Airis】の魅力とラインナップを見ていきます。

今更だけど【Airis】ってどんなメーカー?

Airisは、CBDVape好きの方なら知っている人がかなり多い、ヴェポライザーのメーカーです。

正式名称は【Airis Tech】です。Airisエアリスと呼称されることが多めです。

各ショッピングサイトで検索すると、絶対に出てくる有名なメーカーで、どの商品も安くて人気です。

その為、CBDスタータキットには、Airisのヴェポライザーがセットになってることが多いです。

カラーバリエーションも多く、老若男女問わず人気。単純な作りの物が多いので簡単に使えてスタイリッシュ。

筆者
筆者

CBD初心者から玄人までオススメのメーカーです。

アトマイザー(リキッドやワックスを入れる容器)は、『510スレッド』です。

『510規格』とも表記されます。

『510スレッド』というのは、アトマイザーのねじ山のサイズのことです。Airis以外のメーカーもこの『510スレッド』を使っていることが多いので、社外品を使うことができます。

CBDとヴェポライザー

CBDには、ヴェポライザー(デバイスとも呼ばれます。)の使用が必須の物があります。

  • リキッド
  • ワックス
  • テルペソレート
テルペソレートとパウダーはワックス用が使えます。パウダーでヴェポライザーの使用をする方はあまりいませんが、使えます。

現状、リキッド、ワックス、テルペソレートこの3つは、ヴェポライザーの使用が必須で、製造メーカーもそれ用に作ってます。

Airisは、これらに対応したヴェポライザーがありますが、その種類がたくさんあるので選ぶのに困ってしまいます。😅

また、CBD利用者に嬉しい、リキッドとワックスの2つが使える物もあります。

【Airis】の商品ラインナップ

では、Airisのヴェポライザーを見ていきます。

たくさんの種類があるので、機能、価格、デザインで選んでみましょう。

まずは、アトマイザー(カートリッジ)の紹介です。

アトマイザーは大まかに2種類で、

  1. リキッド用
  2. ワックス用

これらの510スレッドを購入しておけば大丈夫です。

リキッド用はアトマイザーの交換、ワックス用は、コイル部分の交換で再使用ができます。

ヴェポライザーの本体を購入したら付属するので、実際に購入する時はアトマイザーの交換や予備が欲しい時でしょう。

【Airis】純正アトマイザー

リキッド用アトマイザー

ワックス用アトマイザー(コイル)

この2種類ですが、専用のアトマイザーが必要になる機種もあります。

またAirisのアトマイザーは専用品があります。購入前によく製品を見ておくことが大切です。

同じ510スレッドでも、ねじ山の長さが違うことがあるので、奥まで差し込めない事もあります。

Ko-Ma
筆者

ちなみに、ワックス用のアトマイザーは、コイル部の焼き付きによる故障や劣化が激しいので、予備の購入をオススメします。

オススメの【Airis】ヴェポライザー

では、Airisのヴェポライザーの紹介をします。

簡単な解説と共に紹介しますので、自分にあった商品を選んでみてください。

Airis Vertex

一番王道のペン型のヴェポライザーです。

こちらは本体のみなので、別途510スレッドのアトマイザーの購入が必要ですが、リキッドやワックスと使い分けれます。

ショップによっては、CBDリキッドが最初からCBDカートリッジに入っている物も販売されているので、同時に購入するか、外出用などのサブ機としての役割が強いです。

また、各ショップのスターターキットはこれを使っていることも多いです。

Airis Quaser (ワックス用)

ワックス用ならこの【Quaser】がいいでしょう。

こちらはCBDワックス用のスターターキットとして同封されることが多いです。

ワックス用ヴェポライザーの中では一番安い分類です。人気ですがその分、類似品や偽物も多いので注意。

プレヒート機能という、コイルを一定時間温めてくれる機能がついてますので便利です。ワックス用のヴェポライザーには全て備わっている機能です。

ワックスを耳さじ1さじ分入れ、プレヒートをON。固形だったワックスが溶けるので、適正な温度で気化しやすくなります。テルペソレートやパウダーも同じように使えます。

Airis Qute

【Airis】の中でも人気上位がこれです。

ペン型のヴェポライザーよりもバッテリーが長持ちになりました。

もちろんプレヒート機能つきで3段階の電圧出力(温度)が変更可能です。

アトマイザーの高さを調節する事が出来るマグネットリングも付属するので、全長が短いアトマイザーの調整ができて便利です。

直径12mmまでのリキッド用アトマイザーも使えますが、こちらはワックス用のアトマイザーとダブツールが付属します。

ダブツールは、CBDワックス、テルペソレート、アイソレート、パウダーなどの固形のCBDを取り出しやすい耳かきみたいな物です。

リキッド用のアトマイザーはあるけど、ワックスも欲しい!そんな方はこれに乗り換えましょう。

Airis Tick

 

こちらはアトマイザー部分が隠れるので、アトマイザーの故障を防げるスタイリッシュなヴェポライザーです。

上記の【Quaser】の進化版とでも言っておきましょう。使い方や本体の使用に差はないので、カバンに入れて持ち運ぶ方はオススメです。

手のひらに収まるほどの小さいので、カバンのミニポケットに入れておきたいヴェポライザーです。

こちらはワックス用のアトマイザー付き

Airis 8

今回紹介するヴェポライザーで、1番の変態ヴェポライザーがこの【Airis 8】です。

ペン型で2通りの使い方ができる2WAYタイプ。

こちらは、通常のワックス用と同じ使い方もできるのですが、もう一つ機能があります。

それは、Dipスタイルです。

Dipスタイルの使い方は、加熱したTouchコイルを直接ワックスやパウダーに当てて気化させて吸います。なので、いちいちアトマイザー内にワックスを入れなくても吸えるという物です。

Ko-Ma
筆者

かなりパンチがあります。

なので、コイルの交換は専用のアトマイザーが必要になります。

こちらの動画をご覧ください。

Airis Toripod

本記事の最もオススメのヴェポライザーがこの【Airis Toripod】です。

3WAY、3種類の使い方ができるので、リキッドはこれで、ワックスはこれで、なんて使い分ける必要はありません。

ワックスに必要なプレヒートや3段階の電圧調整はもちろんですが、このヴェポライザーには最初から3種類のアトマイザーが付属します。

  1. リキッド用
  2. 高濃度リキッド用(とろみのあるリキッド)
  3. ワックス用

これで、ヴェポライザーを使い分ける必要はないです。

また、本体は市販のライターよりちょっと大きいくらい、とてもコンパクトです。

Airisの魅力

今回紹介したヴェポライザー以外にも数種ラインナップがありますが、結果的にCBDの使用をメインにしたヴェポライザーならAirisが最も安く、最もバリエーション豊かです。

CBDを知る前にVapeを持っていた方は、CBD用のアトマイザーやキットを購入したと思いますが、CBDならAirisだろ!っていうファンもいくらい人気です。

筆者も今回紹介したものは全て持ってますが、ペン型以外は現在も使ってます。

しかし、Airisのヴェポライザーは電池が壊れたらおしまいです。

安価なので、サブとして2、3種類持っておいてもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました